これまでの
コンサート一覧

第31回(97.8.24)

新木晶子(pf)、園部 薫(sop)、石垣雅美(fl)

★新木は二度目、園部は三度目の《X》コンサート出演。石垣は愛知県芸を卒業し多数の演奏会経験を持つ。ルンデが仲を取り持った出演者たち、初顔合わせと思えない和気あいあいとした雰囲気の中、アンコールのトリオ(ドビュッシー:見えない笛)も大好評だった。

第32回(97.11.23)
バルトークSQから獲たもの 2−a

エスメラルダ弦楽四重奏団
このえ弦楽四重奏団

★一昨年、バルトーク弦楽四重奏団による室内楽公開レッスンの受講者が集まっての演奏会が大好評を博した企画(第23回)の2シリーズ目。この年は6グループが受講し、又、全グループが出演を希望したため2日公演となった。第1日は先回にも受講・出演した2グループ、愛知県芸出身『エスメラルダ弦楽四重奏団』、京都大学オケ仲間によるグループ『このえ弦楽四重奏団』のジョイント。2グループだったため、受講曲のほかにそれぞれ1曲づつ追加したプログラム。アンコールにはダブル・クヮルテットによるモーツァルトを演奏、これも大喝采であった。

第33回(97.11.29) バルトークSQから獲たもの 2−b

ピョートル・クァルテット いっち弦楽四重奏団 メロマン・トリオ カタリーナ弦楽四重奏団
★第2日は4グループによるジョイント。愛知県芸生による若手、“売り出し中”クヮルテットに、名大オケ仲間によるグループ、愛知県芸生による若手トリオというバラエティ豊かなコンサートとなった。『一曲入魂』の演奏にはやはり呼び返しの拍手が鳴り止まなかった。
第34回(97.11.30)

犬童篤子、金森洋子(pf)、井上めぐみ(sop)

★犬童篤子、金森洋子は二度目の出演。愛知県芸出身の井上と共に三人はコンサートグループ『花の詩』のメンバーとして演奏会の経験を重ねる。「これからも良き音楽仲間として歩んでゆけるように」とこのステージに集った。
第35回(98.1.18)

荒金由香、川口文子(pf)、東 えり(sop)

★共に名古屋音大を卒業し2年という同級生三人によるコンサート。個性豊かな三人がそれぞれの持ち味を披露した。

ページのトップへ nback.gif  Xのトップページへ